ゼフィルスの季節

ゼフィルスの季節

5月27日

わたしが参加している「茅野ミヤマシロチョウの会」からの
報告によると、この2年ほどで幼虫の塊巣や夏場の成虫が
確認できず原村を含めた八ヶ岳中腹のミヤマシロチョウは
絶滅したようです。
雷鳥と一緒で、氷河期に大陸へ帰り忘れてしまった超絶滅危惧種の
蝶でした。
温暖化の影響が原因だと思われます。
日本ではあと数か所でしか生存が確認されていません。

以前に撮ったそのミヤマシロチョウと姫岐阜蝶の幼虫(くまっこ)です。

今日は里山のゼフィルルスとMK川にいた翡翠のお姉さんかお母さんか
判りませんがのんびりしていました。

八ヶ岳中腹

深山白蝶(ミヤマシロチョウ)

miyamasirochou1 (1)



miyamasirochou1 (2)



miyamasirochou1 (3)



姫岐阜蝶(ヒメギフチョウ) 幼虫

IMG_0018_1024.jpg



IMG_0019_1024.jpg



里山のゼフィルス

赤小灰蝶(アカシジミ)

zef (1)_1024



zef (4)_1024



裏波赤小灰蝶(ウラナミアカシジミ)

zef (2)_1024



zef (3)_1024



川の翡翠

IMG_3452t (2)_1024



IMG_3452t (3)_1024



IMG_3452t (4)_1024


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

さくらパパさん、こんばんは!

蝶の世界も詳しかったのですね~
蝶はアサギマダラしか追っかけたことがありませんので
今度蝶を撮った時は同定をよろしくお願いいたします。
夜の蝶もお詳しいのでしょうね・・・?

TAKE-爺さん 今晩は。

コメントありがとうございます。

蝶に詳しいという事はありません。
野鳥もそうですが繁殖、産卵、子育て・・・食料になる動植物まで
理解しないと本当の生態は解かりませんね。

昔は夜の蝶もちょっとだけ観察したことは有りますがもう化石に
なっています(残念)。
  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索