動きの速い三光鳥

動きの速い三光鳥

6月20日

大気が不安定になる予報だったので覚悟しながら薄暗い森を
探索しました。
よく囀る三光鳥が木々の間を飛び回りレンズを向けるともうそこには
いません。
繁殖中のペアならば比較的に楽な撮影が出来るのですがどうしてどうして
樹間のしかも暗い所をすばしこく移動するのでシャッターを押せない。

あの長い尾を持った♂が鳴いていればいいのですが、尾の短いまるで
♀のような個体が大きな声で鳴いています。

一緒に三脚を立てていた方も「♀が鳴くのかな?」と話題になりましたので
ちょっと調べてみました。


http://www.bird-research.jp/1_event/aid/img/BR-aid2013006.pdf#search='%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6+%E2%99%82+%E2%99%80'

どうも若い未熟な♂のようです。
その分とても元気な感じがします。

森の三光鳥

証拠写真(1カットのみです)
コバルトブルーの目しか入らなかった

IMG_0937o_1024.jpg



そして先日の鳰の親子です

IMG_0562o (6)_1024



IMG_0562o (7)_1024



IMG_0562o (8)_1024



IMG_0562o (10)_1024



IMG_0562o (12)_1024



IMG_0562o (14)_1024



IMG_0562o (16)_1024
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
梅雨寒  ←梅雨寒 【2015年06月】の更新記事一覧 →大葦切も子育て中  大葦切も子育て中
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索